• 2014
    11
    07
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • posted by スポンサードリンク
    - / - / - /

  • 2014
    10
    08
祝・ホークス優勝!!

祝・ホークス優勝!!!

10.2、バファローズとの最終戦。一進一退の息を飲む攻防。
勝ったからこそ言えるかもしれませんが、素晴らしい試合でした。

秋山監督とバファローズの伊藤選手の涙がとても印象的でした。
秋山さんも2011年の時泣いてなかったよね?相当苦しかったと思います。
ホークスの選手も、バファローズの選手も皆泣いていました。
その中で気丈に挨拶にいくぞ!と言っていた森脇監督もカッコよかったです。

今年の優勝は2010や2011とはまた違った嬉しさです。
2010年は優勝が絶望的と言われながらの逆転優勝。
2011年は内川と細川をFAで獲得し、圧倒的優勝。

今年もFAで鶴岡・中田、外国人もイデホ・スタンリッジ・ウルフ・サファテを獲得し、“青天井補強”と言われ、どの解説者もホークスの1位を予想し始まったシーズンでした。

しかし、ウルフは早々に離脱、鶴岡はリード面での信頼を獲得できず序盤以外のほとんどのスタメンマスクを細川に譲り、イデホは打率、本塁打は結果を残すも打点を考えると物足りない。

タイトルを取った選手が中村晃の最多安打のみで、その中村も終盤は調子を落とし苦しんだ。
新加入選手も、若手も、ベテランも、エースも、苦しみぬいたシーズンでした。
優勝後のインタビューでも皆が口を揃えて「苦しかったシーズンだった」と振り返っています。


1999年に優勝して以来、ホークスは絶対的な選手達に支えられながら毎年優勝争いを繰り広げる最強のチームとなりました。

今年は絶対的な選手がいませんでした。

しかし、今年はそれを補って余りある選手層と総合力で勝ってきました。
控え野手に吉村、明石、鶴岡。控えにするには勿体無い野手陣でした。

10年前には考えられないベンチですよね。
10年前はめちゃくちゃ強かったけど、パワプロとか控え選手めっちゃ弱かったですもん。

確かに補強した選手達が100%の期待に応えたとはいえないかも知れませんが、ベンチからの底上げ、打線の厚みは格段に増したと思います。

イデホも確かに打点は少なかったかもしれませんが、誰も打てなかった金子千尋からのホームランや確実に四球を選ぶ選球眼、数字に出なかった4番としての貢献も大きかったと思います。

投手陣にいたっては中田とスタンリッジにおんぶにだっこだった。。。


今思えば、2011年は川崎小久保松中杉内和田と「絶対的な存在」とで支えられた最強チーム、ダイエーホークスから続いたホークス黄金期のフィナーレだったのかなって思っています。と、同時に世代交代を感じさせるチームでした。

その絶対的選手達が居なくなった今、秋山政権下で育ってきた新たな世代の選手達がレギュラーをつかみ取り、初めての優勝争い。初めての大きなプレッシャーを感じながらの戦いだったと思います。

内川も松田も攝津も、先頭に立って初めての優勝争いでした。
「俺がやる」と気負いすぎた所もあるかもしれません。

監督も「今年の補強で優勝しないとおかしい」と言われ続けたプレッシャーは計り知れません。

途中で無念の離脱をした本多も苦しかったシーズンだったと思います。本多が抜けたのはやっぱり痛かった。。。

そのプレッシャーに打ち勝っての優勝。皆めちゃくちゃカッコよかった。


バファローズも今年は本当に強かった。
正直夏以降失速すると思ってたんだけど、最後の最後まで強かった。

バファローズもすげーかっこよかった。終盤お互いに状態は落としたけど、一進一退の優勝争いはシビれた。
この優勝争いに絡むことが出来るチームのファンで本当によかったと思うし、10.2で負けていたとしても同じことを言っていたと思う。

レギュラーシーズンは優勝したけど、CSは本当にどうなるか分からない。
短期決戦・・・どうなるか?どっちが強いか、どっちが有利か何も想像つかない・・・。


バファローズが勝ち上がってきたら・・・、やはり手強いですね。
エース金子千尋に西、磐石の継投リレー。正直打てる気しません。

ですが、金子も西も、中継ぎも、後半戦では打ち崩してますし、平野も終盤では勤続疲労からか安定感に欠けています。
終盤戦全然勝てませんでしたが、打線自体は好調でしたし望みは多いにあると思います。
打者に関しては、ペーニャをいかに丁寧に抑えるか、にかかっているのではないでしょうか。糸井とかあんな選手はどこ投げても大体打たれるんです。それならばまだ穴が大きいペーニャを全力で抑えに行ってほしいと思います。

ファイターズは多分稲葉と金子誠が引退のブーストがかかってますよね・・・w
それでも恐れるに足らず!!!と言いたいですが、バファローズより対戦成績悪いんですよ。。。
相性悪いのかなあ。打線は怖いですが、投手陣はいくらでも打ち崩しようがある気がします。

ホークスは、どれだけ先発が試合を作れるか・・・と言いたい所ですが、正直今年の先発の安定度からするととにかく点を取るしかない!!!
ホークスの投手陣は打たれても気にしない!くらいの気持ちで思いっきり投げて欲しいですね。やっぱり連日の押し出しは見てて辛かった。打たれるのは仕方ないんだから思い切り行って欲しい!

打線も短期決戦なのでどうなるか分かりませんが、いかに普段の野球が出来るか。
バファローズ・ファイターズどちらが勝つか分かりませんが、CS1stステージを勝ち抜いたんですから勢いはあるはずです。

勢いに勝つには王道だっ!!!!!

送りバントや走塁、守備、継投でいかに確実に王道の野球が出来るか・・・。
でも王道の一筋縄じゃいかない。
その時に新世代ホークスの力が試される時じゃないかな・・・と思います。



なんかめっちゃポエムな記事を書いてしまった・・・・。


と・・・とにかく!!!!!!!!
去年はCSすら楽しむことができませんでした。
まだ野球を楽しめる喜びを胸に、クライマックスシリーズを楽しみましょう!


  • 2014
    11
    07
スポンサーサイト
  • posted by スポンサードリンク
    - / - / - / 01:20

Comment:
Add a comment:










Trackback:
http://yamato115.jugem.jp/trackback/1388
 

Introduction
野球の話題、特にホークス中心。
たまにスワローズとかゲームとかも。
リンクはご自由にどうぞ。

T.Yamato プロフィール

Twitter @ToYamato
Mail t.yamato.area2□gmail


count start! : 09.03.28
Profile
Comment
Trackback
Category
Archive
Bookmark
Favorite

Sponsored Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.